【継続利用1ヶ月】『NEWAリフト+(ニューアリフトプラス)』たるみ改善だけに特化した美顔器の効果は?!本当のところ使い勝手はどう?!口コミレビュー

こんにちは!40s美容通信へようこそ。

ハッピーエイジングケア大好き、しあわせに美しく歳を重ねていきたいと常々願っているココです。

40代も半ばにさしかかり、ご気楽に生きていられる自分は、こんなココをずっと愛してくれている旦那さまとかわいいこどもたちのおかげだと、今日も感謝♡

人生はご気楽ですが、気がかりなエイジングサインは山ほどあります。いつまでも30代の体と肌でいようとは思っていませんが、やっぱりね、抗える部分は抗いたい。笑。

何より、シワやしみよりも、見た目が老けた印象になる「たるみ」は、ほんと敵!

肌の表面・表層部で起こるシワやしみに対して、たるみは肌の真皮から皮下組織、筋肉などの深部に原因があります。だから、化粧品などを塗るだけでは十分なケアができないのですよね。

(たるみ治療を行う美容クリニックや医療の現場では、高周波など肌の深部まで作用する機器を用いています。)

願いは、たるみ改善!たるみ予防!!

頬のたるみをなくし、アゴのラインをすっきりさせて、輪郭をシャープにしたい!(願望あり過ぎ!?)

でも、時間もお金もかかるし、まだクリニックに行くほどでもないかもだし… と迷いもある。

美顔器は市場にたくさんの種類があって目移りして、どれがいいのか分からず、なかなか選びきれないのが現状。

本当に効果のある美顔器はどれなのか?

自分が最もケアしたい部分が「たるみ」なら

答えはここにあるかもしれません!

あれこれ調べれば調べるほど、試せば試すほど、その美顔器のパワーと理論に納得する『NEWAリフト+(ニューアリフトプラス)』

たるみ改善だけに特化した美顔器『NEWAリフト+(ニューアリフトプラス)』1ヶ月間使用した経過をレビューします!

『NEWAリフト+(ニューアリフトプラス)』について

『NEWAリフト+(ニューアリフトプラス)』の最大の特徴は

たるみに特化していること

  • サブマイクロ波で「たるみ」改善に挑む
  • 医療機器メーカーのホームプロダクツ部門が、医療の現場で使われているたるみ治療機器を元に開発
  • 最大限の効果のために、不要な機能はすべてカット→使いやすい!

電化製品メーカーが作っている美顔器とは、一線を画す『NEWAリフト+(ニューアリフトプラス)』。

美容クリニックや医療の現場で使われている「サブマイクロ波」、サブマイクロ波を深部まで届けるための「3DEEPテクノロジー」も搭載されています。

クリニックで受ける施術と同じ内容のトリートメントが自宅でできるなんて、驚きですよね。

サブマイクロ波エネルギーとは

  • ラジオ波・高周波とも呼ばれる電気に近い性質を持つエネルギー
  • 体の中を流れた時、組織内部で熱エネルギーに変わり、様々な作用をもたらす

熱がコラーゲンに伝わると、コラーゲンは収縮します。肌の内部が、きゅっ!と縮むイメージです。その収縮により、肌が引き締まります。「NEWAリフト+(ニューアリフトプラス)」を使ってすぐに効果を実感するのは、この原理によるものです。

「NEWAリフト+(ニューアリフトプラス)」を継続して使うことにより、コラーゲンが何度も何度も再構築されます。それにより、さらに肌は引き締まっていくというワケ。

肌の深部のコラーゲンにその働きを起こさせるのが、サブマイクロ波なのです。

きちんとした仕組みがあるから、効果に納得できる「NEWAリフト+(ニューアリフトプラス)」。これらの効果については、医師たちが医学論文を発表しているほど。

美容業界でも著名な先生方が、医学の視点からも有効だと認めているからこそ、美容クリニックや皮膚科医院などでもNEWAリフトシリーズは取り扱いがあり、販売もされているのですね。

3DEEPテクノロジーとは

  • 左右3対の電極からサブマイクロ波が流れ、3段階の深さを同時に温めることができる革新的な技術→一度のお手入れで、真皮から皮下組織に加熱して、3段階のケアが可能!
  • エジソン賞を受賞した世界が認める特許取得の技術
【エジソン賞について】

世界中の革新的な製品を対象にして贈られるアメリカの賞

過去の受賞製品は

  • iPhone/iPad(Apple)
  • アクオス(SHARP)
  • エアマルチプライヤー(ダイソン)
  • 青色ダイオード(赤崎教授)など

NEWAリフトは、そのエジソン賞の科学/医療部門でブロンズ賞を受賞しています。

この3対の電極3DEEPテクノロジーでサブマイクロ波を流し、皮膚表面は42℃、真皮〜皮下組織は50〜52℃まで上昇。

美容クリニックや皮膚科で受けるトリートメントの技術が、ホームケアで可能、それが「NEWAリフト+(ニューアリフトプラス)」なのです!

「NEWAリフト+(ニューアリフトプラス)」使うタイミング

説明書には、洗顔後の清潔な肌にご使用ください、とあります。

使い始めの頃は、案外これがネックでした。

だって、洗顔した後に、ジェルを塗ってケアして、ジェルを洗い流すためにまた洗顔!?それだと、肌を洗い過ぎてうるおいが奪われて、乾燥を引き起こしてしまいます。洗顔のし過ぎ=肌に本来必要なうるおいまで取ってしまうことは、美肌にとって最も避けるべきことです。

たるみケアをして、乾燥による肌トラブルでも起こしたら、本末転倒ですよね。

また、洗顔後には、化粧水やクリームなど次のスキンケアのお手入れをしたいもの。洗顔しっぱなしだと、これまた肌の乾燥が気になります。

夜のバスタイム前にメイクオフしてからたるみケア、そしてすぐにお風呂に入るという風にもしてみたけれど、こどもたちがいてドタバタで落ち着かない。

何度か使ってみて、ココの「NEWAリフト+(ニューアリフトプラス)」を使うベストタイミングは、朝の洗顔前に決定。今は、2日に1度の朝のたるみケアが定着しています。

朝起きて、ウェットティッシュでごくごく軽〜く頬を拭いてからケアして、ケア後はジェルをやさしくぬぐってから、いつもの洗顔。

ソファの背もたれにぐた〜っともたれながらケアしつつ、その日のスケジュールを頭の中で再確認したり。コードレスなので、あ!そうだ、と思い出したこどもたちの持ち物の準備を、片手でひょいひょいとしたり。コーヒーをセットしたり。

ケアしている時は、基本はぼーっとその温感の心地よさに浸っていますが、思い立ったら動き回れるのがコードレスの良さですね。

即効性も期待できる「NEWAリフト+(ニューアリフトプラス)」だから、ケアしたその日は、なんだか気持ちまで引き締まって過ごせます。

朝の、家族を起こす前の自分だけの時間、つかの間のひとときが、とても有意義で優雅なものになりました♡

「NEWAリフト+(ニューアリフトプラス)」置き場所

何かな何かな?

ココは、なるべくものがあふれていない、すっきりしたインテリアを目指しているタイプで、コンセントやコードがフローリングに這っているのは避けたい。

2日に1度使用する『NEWAリフト+(ニューアリフトプラス)』、初めは洗面所の棚に入れていたのですが、洗面所に行く前に使うようになり、取りに行くのが面倒で。笑。

今は、付属のポーチに収納して、寝室のチェストの上が定位置になっています。

上品なグレーのスエードっぽい生地、金色の文字。どこに置いてもしっくり馴染むこのポーチも、とてもいい感じ。

アダプター、ニューアリフトプラス本体、専用ジェルの3点、こうしてポーチに入れておけば、インテリアの邪魔になりません。

充電用のアダプターも、すっぽりコンパクトに収まります。

ポーチもシンプルでグッドデザインなので、ダイニングテーブルにひょいと置き忘れていても、全然平気♡

バッテリーの充電時間や使える回数など

一度充電したら、何回ぐらい使えるものなのかも、気になるところ。

1泊〜2泊程度の旅行や出張、4泊ぐらいの海外旅行や帰省なんかにも、充電アダプターなしで持っていけるのなら、それにこしたことはないですよね。

ココは一回に2箇所(両頬)のトリートメントをします。4分×2で、8分使用です。

トリートメントは2日に1度。充電せずに6回(48分間)使ってもまだ、充電はしっかりできたままでした。いざ使いたい時に充電切れはイヤなので、ここで充電。

充電中。緑とオレンジのライトが点灯。

充電ができたら緑色になるはずのランプの色が、なかなか変わらない。充電完了には思いの外時間がかかるようです。

2時間半経っても充電はまだ。3時間以上たってふと見たら、色が変わっていました。やっと〜!と思いましたが説明書をきちんと見たら、1回のフル充電は4時間かかるとのこと。

バッテリーって、常に充電した方がいいのか、ほぼ使い切ってからまたフル充電したらいいのか、どちらがバッテリーの寿命が長持ちするのか迷いませんか?

気になってカスタマーサポートに電話して確認したところ、1回使うごとに充電をし直して、次に使う時に備えるようにしてくださいとメーカーからは言われているそうです。

できるなら、こまめに充電はした方がいいということですね!

NEWAリフト+(ニューアリフトプラス)・NEWAリフト(ニューアリフト)ご利用の方々の口コミ紹介

ちなみに、NEWAリフト+(ニューアリフトプラス)は、2018年8月に元のモデルNEWAリフト(ニューアリフト)がコードレスになって新発売されたもの。

NEWAリフト+(ニューアリフトプラス)とNEWAリフト(ニューアリフト)、性能は同じです。NEWAリフト+(ニューアリフトプラス)としての口コミは少ないので、NEWAリフト(ニューアリフト)の口コミもご紹介しますね。

50歳を過ぎてから目の下のたるみ、ほうれい線と頬の肉の垂れ下がり、顔回りの輪郭のぼやけ、もう年齢の衰えが顔に出て止まらない。。そこで定期的に(といっても高いので頻繁にはいけませんが)サーマクールやダブロなどのレーザー治療を受けていました。そんな時にたまたまデパートでNEWAリフトの体験会がありました。
半分だけ試してもらいましたところ、ほうれい線はすぐに消えました。毎回レーザーなどに通うことを思うと断然安いし、家でも使えるので即買いしました。
面倒くさがりですが、この効果を感じてしまうと続ける気になります。3ヶ月がんばりましたら、目の下のたるみがクマと共に薄くなってきました。
ぼやけていた輪郭もスッキリとしてきました。 少しずつ効果が出るのでやり甲斐があります。 自宅用美容機器って信用無かったのですが、見直しました。

50代女性

美容液ではごまかし効かない私の肌を一気に底上げ!
自分ではさほど効果は感じなかったのですが、久しぶりに会った友達から「なんか痩せた?」と言われました!
よし!とおもい頑張って続けています。NEWAリフトは続けることでも効果がじわじわ効いてくる、との言葉通り、体重が変わらないのに顔が小さくなってたのではないかと思うほど顔が引き締まりました。
NEWAリフトは画期的な商品ですね。高いけれど、クリニックで施術するものが自宅で簡単にできると思ったらお得と思います。サーマクールやタイタンを数ヶ月に一度受けるのも面倒ですし、自宅で自分のペースで続けたほうが、たるみしわ撃退にはより効果がある気がします。続けてみます。
30代女性

効果絶大ですよこれ。美容に関しては自他ともに認める情報通の私が、これまであらゆるフェイササイズや美容器具を試して見た中でも、今年一番の大ヒット!殿堂入りになる!といえるのがNEWAリフトです。これは凄いです。
まだ3回ほどの使用ですが、すでに顔のたるみが消え、キュッと小顔になったと実感。やる度に目に見えて、たるみが解消されていきますので、モチベーションアップします。
できれば毎日やりたいのですが、そこは我慢。

40代女性

驚きました。年齢より老けて見られるのが悔しくて、そろそろ美容クリニックに行くしかないかと思っていたところ、娘に勧められて、こちらの製品を購入しました。美容クリニックに行く気でいろいろ調べていたので、ニューアリフト+の性能にはすぐに魅かれるものがあり。クリニックに行くより断然お安いので、即決でした。使い方もボタンひとつで簡単で、私でもすぐに使いこなせました。そしてこの効果!美容クリニックに行く手間、予約する面倒なども省けて、とても嬉しいです!

40代女性

様々な口コミサイトを見ても、絶賛の声しか見当たりません。

あえてデメリットを言うなら、価格が高い、ということでしょうか。

ココが個人的に感じるNEWAリフト+(ニューアリフトプラス)のデメリットも、挙げておきます。

  • 専用トリートメントジェルは消耗品(1本3,500円(税抜))なので、購入後も少しランニングコストがかかること。ジェルは2日に一度、1回のトリートメントで3箇所(左右の頬、顎ライン)したとして約1.5ヶ月もつそう。ココはまだ1本目です。
  • 使い終わった後、水洗いできないこと。精密機器なので、当然といえば当然です。ジェルをティッシュで拭き取るのがちょっぴり面倒。ずぼらさんですね。笑。

『NEWAリフト+(ニューアリフトプラス)』途中経過まとめ

専門家も認める、サブマイクロ波美顔器。

使うほどに、変わる印象。

初めて使った時に、即効性を自分で実感したあの驚き。

1ヶ月間継続して使って、横顔を鏡で見た時の、なんとなくフェイスラインがスッキリしたと感じるこの満足感。この手応え。

クリニックで受ける施術と同じ内容のたるみケアが、家にいながら手軽にできる喜び。そして、温感ケアが気持ちいいから癖になる。笑。

*使用頻度は、2日に1度。慣れてくれば3日に1度でもいいそうです。使い過ぎはいけません!

クリニックの美容治療を受けているお客様へ

治療の種類によっては、NEWAリフトを同時期に併用ができない場合があります。
ご購入前に、治療を受けている医療機関にご相談頂くことをおすすめいたします。

「NEWAリフト+(ニューアリフトプラス)」HPより抜粋

「NEWAリフト+(ニューアリフトプラス)」は、家庭用美顔器であり医療機器ではありませんが、他の美容療法との併用の注意がされるほどの威力、すばらしい性能があるということですよね!

そして、そのことを事前にきちんと公式HPで注意喚起していることも、誠意がありとても親切だと感じました。

価格について

NEWAリフト+(ニューアリフトプラス)、販売価格68,800円(税抜き)

ちなみに、コードレスではない前のモデルNEWAリフト(ニューアリフト)は62,800円(税抜き)です。

美容クリニックやエステサロンで施術される本格的なトリートメントが自宅でできるNEWAリフトシリーズ、美顔器としては高いけれど、その内容、性能、信頼度からすれば、本当にお手頃、良心的な価格と言えます。

 

購入できる場所

医療機関や美容クリニックでも取り扱いがあるNEWAリフト(ニューアリフト)/NEWAリフト+(ニューアリフトプラス)。

医療機関の他にも、取り扱い店は全国に約350店舗

  • 全国の百貨店
  • バラエティショップ
  • エステティックサロン(TBCでも取り扱いあり)
  • 家電量販店(ビッグカメラなど)
  • VoCEなどでも活躍する美容家 山本未奈子さんのweb shop
  • モデル梨花さんのセレクトショップ「Maison de Reefur」でも、2018年10月末から取り扱い開始

藤原美智子さん、中野明海さん、山本浩未さん、その他多くのヘアメイクアップアーティストさんも愛用と公言していて、美容のプロたちから確かな目で認められています。

言うまでもないですが、IKKOさんや中川翔子さん、アンミカさん、道端カレンさん、「ちょいモテ〜」の植松晃士さんなど芸能人にも愛用者が多く、雑誌でも多数取り上げられ断トツの人気を誇っているNEWAリフト(ニューアリフト)/NEWAリフト+(ニューアリフトプラス)。

女性誌のほんの一例を挙げると

2018年1月号with

数々の美容家電を評価する特集で

「確実にフェイスラインが変わる!」と小顔ケア部門で1位。

婦人画報2018年6月号

「大人のキレイを左右するのは、絶対にフェイスライン!気になるたるみには、テクノロジーの力を借りたケアで差を付けましょう!」と紹介されています。

実際に体験できる場所・体験会なども!

とはいえ、それなりに値の張るお買い物。やはりつかい心地や即効性の真意を、まずは試してみたい!という方もいらっしゃると思います。

そんな方は、常設でNEWAリフト(ニューアリフト)/NEWAリフト+(ニューアリフトプラス)が体験できるお店へ、足を運んでみてくださいね。

  • 新宿高島屋8Fベルアクティーヴ
  • 二子玉川蔦屋家電2F美容コーナー
  • そごう大宮店2F化粧品売り場キレイステーション

その他、全国の百貨店などで体験会を実施中。体験会の情報は公式サイト>>>リフトアップ ビューテリジェンス NEWAリフト/NEWAリフト+でご確認くださいね!

少しお得に購入できる方法

公式サイトからNEWAリフト(ニューアリフト)/NEWAリフト+(ニューアリフトプラス)を購入すると、専用トリートメントジェルがはじめに1本付いてきます!

これは、公式サイトだけの特典になります。

ココも百貨店で実際に体験をした後、後日公式サイトから申し込みました。

お読みいただいたあなたの美顔器選び、たるみケアへの意欲向上の参考になれば幸いです。最後までお読みいただき、ありがとうございました♡

*『NEWAリフト+(ニューアリフトプラス)』安全性や信頼性をより詳しく書いた記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です