「湯エステ」マイクロバブル水素を発生させてお風呂を水素風呂に!口コミレビュー【導入編】

こんにちは。40s美容通信へようこそ♡

美容と健康に関すること、もの、徹底レビュー!ハッピーエイジングケアがモットーのココです。

みなさんのご家庭にあって毎日必ず使っているのに、美肌、美容のために有効活用できていないかもしれない場所はどこでしょう?

そう、お風呂。

日常の、当たり前の日課を、最大限に有益な美容タイムにするために!

ついに導入

水素風呂『湯エステ』!!

届いてね、思った以上にパンチのあるサイズ感で、正直ちょっとビビったのですけれど。笑。

このマイクロバブル水素発生マシーンが

本気で、すごい。

冷え性改善や美肌などの効果が期待される、マイクロバブル水素風呂「湯エステ」。

マイクロバブル水素風呂「湯エステ」を、実際に使用していて分かってきた水素風呂の効果、何がどういいのか、詳しい使い方、これはおすすめだと思う理由など、徹底レポートします!

マイクロバブル水素風呂「湯エステ」って?

水素風呂について

水素風呂は、ひとことで言えば、水素をお風呂に溶かしたもの。

数年前、ヘルスケアやエイジングケアに効果的と言われ一大ブームを巻き起こし、今や定番となっている水素(水素水、水素風呂、水素サプリに水素吸入など)ですが、

美容の観点から、水素について、改めておさらいしておきましょう。

水素は美容の救世主!?

水素は、体や肌をサビつかせる酸化物質=悪玉活性酸素と結びついて無害な水になり、体外へ排出されるという、とても優れた性質を持っています。

体や肌がサビる、というのはつまり

シミ・くすみ・シワ・たるみ・乾燥・肌荒れなどエイジング現象が表れること。

サビの元、悪玉活性酸素が発生する原因は

  • 紫外線
  • 強いストレス
  • タバコ
  • アルコールの過剰摂取
  • 食生活の乱れ
  • 筋肉が疲労する激しい運動
  • 運動不足
  • 睡眠不足
  • 医薬品や食品添加物などの化学物質
  • 大気汚染

などなど…

私たち現代人の悪習慣や環境が挙げられます。

実は呼吸をするだけでも、活性酸素は副産物として常に発生しています。私たちが生きていく上で、避けて通れない悪玉活性酸素ですが、

水素は、美肌の大敵であるその悪玉活性酸素を、体外に排出してくれるのです。

水素は、この宇宙の中で、最も小さい元素。

人体のどの組織よりも微小なもの。

人体の奥深く、細胞の中まで容易に入り込み、悪玉活性酸素と結合し、無害な水となり、体外へ汗や尿として排出される。

水素を取り込むということは、老化現象・様々な病気の原因・体や肌のサビの根元である悪玉活性酸素にダイレクトにアプローチし、無害な水に変化させて除去することができる、極めて合理的な方法というワケ。

体を、肌を、細胞よりもミクロレベルでキレイに導く、

それが、水素。

飲料の水素水や水素サプリなど、それぞれに効果は期待できますが、「水素風呂」は水素を《肌》と《呼吸》の両方から体内に取り込むことが可能なので、効率的に水素の恩恵を受けることができるのです。

マイクロバブルについて

「湯エステ」は、水素を発生させると同時に、マイクロバブルも発生させます。

注目したい点は、市場に出ている水素風呂ジャンルの美容機器の中でも、水素とマイクロバブルを同時に発生できるものは、湯エステだけ!

マイクロバブルとは

微細な気泡のことで、ISO規格においてマイクロバブルは1μm以上100μm未満(1μm=0.001mm)の気泡であると定義されている。

「湯エステ」の機械が作り出すマイクロバブルは、人の毛穴のサイズ(約10〜20μm)に対して、平均約3〜5μmほどの極微細なサイズになっています。

すごくないですか!?

毛穴よりもっともっと、小さい泡って。

実際、泡というよりも、泡サイズが本当に小さく微細で、お風呂(湯船のお湯)の中で発生した湯エステのマイクロバブルは、まるで煙のように見えるんです!

マイクロバブルの効能

マイクロバブルが毛穴の中で弾けることで、血流を良くして、新陳代謝を促進。新陳代謝を上げることで、基礎体温もアップ。

ダイエット効果も期待できます。

毛穴よりも小さなミクロの泡が、毛穴内部の老廃物や汚れを取り除きます。

極微小なサイズのマイクロバブルは毛穴に入り込めるというだけでなく、それ自体がマイナス帯電(洗浄力)を有しています。

その電気的な性質によって、汚れを吸着して、取り去ってくれます。

水素とマイクロバブルのダブルの働きで、美容効果を最大限に得ることが可能!

湯エステ商品概要、届いた状態から詳しく解説します♡

大きなサイズの段ボールパッケージ、想像以上の迫力で届きました。笑。

ピアノと対峙して、この大きさ、お分かりいただけるでしょうか。

開けてみると、取扱説明書と保証書などが入った封筒。

箱サイズ、商品のサイズに合った緩衝材で、本体はしっかり保護されています。

緩衝材を取ると、恭しく、湯エステ本体が♡

箱から、全部取り出した状態。

ホースは、2種類。

吸水用(IN)と、マイクロバブル水素水吐出用(OUT)の2本です。

こちらの白い箱には、コード類が。

アダプターと、電源コンセント。

出してみると、必要な部品の数は少なくて、繋げるのも簡単!

湯エステ本体とホースの接続の仕方なども、取扱説明書に記載されているけれど、A4の紙で写真入りでさらに詳しく説明がされていたり、とても親切。

機械などに苦手意識がある方でも、すごく簡単にできますね。

「湯エステ」は月額支払いのレンタルアイテムです!

いつか返却する時のために、届いた時のパッケージは、全部丁寧に保管しておきましょう。

専用洗浄液 420ml 1,800円(税別)

レンタル初回の時に、プレゼントで付いてきます。

ちなみに、この洗浄液で洗う必要があるのは、月に一度程度。

湯エステはオートクリーン機能が搭載されているので、日常的に掃除などは必要ないところも、ポイントです!

面倒な掃除や後片付けなどが必要だったりしたら、それは主婦的に即却下ですよね。

湯エステ本体、重さ約8.5kg。結構重いです。

5.5合炊きのファミリーサイズの炊飯器が、小さく見えます。

白くて四角くて、でも角の取れたデザインで

あらら、なんだか、

愛嬌のあるルックスに思えてきました。

左上の丸い部分が、スタートボタンです。

レンタル商品なので、どういったものが届くのかしらと少し不安でもありましたが、これは新品なのかな。ココの家に届いた「湯エステ」は、見たところ120%クリーンな状態。

湯エステレンタルが開始されたのは最近のことらしく、綺麗な商品が届く確率、高そうです。

それでは、ホースを繋いでいきましょう!

片方のホースで、浴槽のお湯を吸い上げます。

機械の中で、お湯を水素水(湯)に換え、マイクロバブルとともに、もう片方のホースから吐出します。

吸水用のINは白、吐出用のOUTは青。

分かりやすく、色分けもされています。

ノズルの形態も、それぞれ異なっていますね。

キャップを外したら、水がぱしゃっと飛び出てきて、びっくり!

稀に作動テストによる残留水が出てくることがある、と取扱説明書に書いてありました。その部分を先にきちんと読んでいなかったので、ちょっと焦りました。

この黒いゴムのPEキャップも、無くさないように保管しておきましょう!

少しねじりながらホースを押し込むと、カチッと音が鳴り、しっかり接続!

白い方が、押し込むのに少し力が要りましたが、青い方はサクッとできた。笑。

いい感じです。

全部つなげると、こんな風になりました。

ホースはもちろん、本体、本体から出ている白いコード部分は防滴加工されていて、浴室内で使用できます。

マイクロバブル水素風呂、湯エステ稼働

ココは、お風呂/入浴が大好きです。

こういうのだったらいいなという、イメージ図。笑。

大好きだからと言って、何時間も半身浴したり、ということではなく。

そのような時間の余裕はないですし、こどもたちと一緒に入る日々のお風呂タイムは、そんなに優雅なものでもないです。

こどもたちの洗髪などもあり、小一時間はかかるお風呂の時間。

ココ自身、40代。

今まで通りに過ごして同じようなケアをしているだけでは、肌は乾燥して敏感肌に傾きがちで、疲れは取れにくくなってくるし、なんだかすぐに太るし。

美容と健康に気を使うようになって。

日課であるお風呂タイムを最大限に有益に!と思い、水素風呂について色々調べて検討して選んだ「湯エステ」。

期待は大きい。

(効果がないと許さない〜!)

ホース設置方法

浴槽にお湯が満たされたら、ホースを入れます。

吸水用と吐出用、30cm以上間隔をあけて、ホースに吸盤が付いているのでそれで固定。

30cm以上間隔をあけるのは、吐出用ホースから出たマイクロバブル水素を、吸水用ホースからすぐに吸い上げてしまわないようにするためです。

3分経過。

「バブル」というけれど、マイクロバブルが本当に細かくて、泡というよりは、お湯の中でそれは煙のよう!

沈めたホースが見えなくなりました!

発生したマイクロバブル(1μm〜100μm)は、一部さらに極小の(目には見えない)ナノバブル(数十nm〜1μm)化するそう。

特許取得の特殊な技術

水素を抱え込む超微細バブル。

水素マイクロバブルの精製方法は、特許取得済み。

ちなみに、マイクロバブル水素の発生は、ボタンひとつで

  • 10分モード
  • 15分モード

の操作が可能です。稼働終了後、2分程度のオートクリーン機能が作動するので、そのままにしておきましょう。

本体の設置場所

初日、本体をどこに設置するか迷いました。

浴室が狭いので、これを中に置くとちょっと邪魔だわと思って。

本体は防滴加工とはいえ、水しぶきがいっぱいかかってそのままにすると湯アカがついたりしそうだし、重いのでお風呂の床の掃除がしにくくなるかも、とあれこれ考えてのことだったのですが…

初日は外に置いて湯エステを稼働させたところ、これは色々不具合があり。(不具合については、初日の感想で詳しく書きますね。)

使用5日目の今は、やはり浴室内の角に置いて使っています。

さっと一拭きしておけば、きれいな状態を保てます。

うん、快適〜♡

湯エステ初日の感想

まず、ココの勘違いがありました。

初日、湯エステを外に置いたのもそのせいなのですが、マイクロバブル水素を発生させて、10分の稼働が終了したら、ホースを取り出し、そして入浴するのだと思っていました。

だから、スイッチオンして、マイクロバブル水素を発生させ、どんどん白くなるお湯をこどもたちと一緒に「わぁ〜!」と驚嘆しながらただ眺めていた。笑。

10分モードが終わると、たちまちマイクロバブルの泡は消えて、見た目は普通のお湯に。

ココが、事前に「アワアワのお風呂にするよ!」と過剰に盛り上げたせいで、こどもたち、想像と違ってガッカリ。

ココ自身も、正直、あれ!?と思いました。

もこもこの泡風呂になるわけでもなく、何かをほんと、勘違いしていたのですよね。

いざ入浴する時に、またホースを浴槽内に入れて、マイクロバブル水素発生装置、オン!

でも、湯エステ本体を浴室外に置いていたので、ホースでお風呂の扉を閉められず。

何事もそうですが、初めて使う時は使い勝手が把握しきれず、てんやわんや。笑。

マイクロバブル水素は、発生させながら入浴するのが基本!

常に、ホースは浴槽に入っているものなのですね!

そして。

ひとつ目の効果が、さっそくその夜に。

湯エステでお風呂に入った日の夜の、こどもたちの寝付きの良さといったら!

お布団に入って電気を消したら、3秒で爆睡。

そしてさらに驚いたのが、翌朝の寝起きの良さ!!

え?これってマイクロバブル水素のおかげ!?体が芯から温まったから、良質な睡眠がとれたのかしら!?

ココ自身も、横になったら速攻、落ちるように眠りに入りました。

届いてから初日使用の気持ちの流れ

  1. 届いた!思った以上に大きい!
  2. ホースを繋げたりすることは簡単。すぐできた。
  3. 我が家の狭い浴室スペース、どこにどう置くのがベストなの!?(使い方を勘違いしていた。)
  4. マイクロバブル水素、発生スイッチ、オン。こどもたち大喜び!機械音がするけれど、ココは気にならないレベル。
  5. マイクロバブル発生終了、みるみる白い細かな泡は消えて普通のお湯に戻ったみたい。あれ!?
  6. 入浴後、体がなんだかポカポカ。
  7. 湯エステ効果!?こどもたちとココ、快眠!

水素風呂にして2日目〜5日目も、こどもたちの寝付きの良さと寝起きのよさは、信じられないほど。

この効果には、ほんとに!?って、思わず笑っちゃっています。

マイクロバブル水素風呂「湯エステ」まとめ

水素とマイクロバブル、ダブルの効果で美容と健康を促進、日課のお風呂を有益な時間に変える「湯エステ」

ずっと続く温かさ、お肌はサラサラ。

家族全員、ぐっすり快眠!笑。

 

マイクロバブル水素発生装置「湯エステ」

メーカー希望小売価格、918,000円(税込)

とても購入はできませんが、その湯エステが

月額10,800円(税込)で、レンタル開始。

解約自由・違約金なしなので、マイクロバブル水素風呂を、気軽に体感できるのです!

レンタル開始時の送料は、もちろん無料です。

毎日必ず入るお風呂で、どっぷり心ゆくまで水素浴に浸かって、心身ともにリフレッシュ。

マイクロバブル&水素温浴器「湯エステ」 ~レンタル開始!~

湯エステ使用5日経過、腕や足のスネ部分などが、触っていて気持ちがいいほどに、サラサラになっている気がします。

ダイエット効果などは、これからさらに検証していきたい!

当初のココの美容効果という思惑以外の、こどもたちが信じられないほどコテーンと眠りについて、まさかの寝起きがすごく良くなっている、という点だけでも、

1万円はかなりお値打ちだと感じています。

湯エステで、毎日のお風呂が、今まで以上に楽しみな時間になること請け合い。

また、湯エステ効果の経過をレポートしたいと思います。



最後までお読みいただき、ありがとうございました♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です